クラッセ・ファクトリー | 京都・宇治・城陽で家具、インテリア、リフォームのお手伝い

ブログ

Blog

外壁の種類について

2020.9.12

こんにちは!

設計部の中村です。

今日は外壁の種類についてご紹介させていただきます。

では早速紹介しますね!

まずは一般的に使われるこちらの外壁からです。

■窯業系サイディング

・デザインが豊富でさまざまな色柄が選べる

・比較的価格が安く、施工性が高い

・耐火性・遮音性・耐震性に優れている

・熱を溜め込みやすい

・シーリングのメンテナンスが必要

・防水機能がなく、吸水性が高い

 

続いてはトップ写真にもしており、最近人気のある金属サイディングです。

外観の見た目をカッコよくしたい方にお勧めです!

 

■金属サイディング

・重量が軽く建物への負担が少ない

・耐震性・断熱性・耐凍害性に優れている

・コストパフォーマンスに優れている

・サビが発生しやすい

・へこみや傷がつきやすい

・酸性雨・塩害に弱い

 

続いては窯業系サイディングの一種である無塗装サイディングです。

既製品のなかに自分好みの色がない方にお勧めの外壁です。

 

■無塗装サイディング

・自分好みの色にできる

・コーキングの劣化を防げる

・工程が増え工期が伸びる

・費用が少し高くなる

・細かなメンテナンスが必要

 

最後にアクセントの一部として使われる木材系サイディングについての

ご紹介です。アクセントの一部に用いることで温かみのある雰囲気を作り出

してくれます。

■木材系サイディング

・木独特の見た目が魅力的

・断熱性が高く環境にやさしい

・価格が高い

・防火性能が低い

・腐食に弱く、数年で再塗装が必要

 

この他にも色々な素材がありますので、またご紹介させていただきます。

最後に外壁のメンテナンス時期の目安についてお話します。

・シーリング(継ぎ目材)の打ち直し目安

約5年

・サイディングの塗装の塗り替え目安

約10年

・サイディングの貼替え目安

約20年~30年

 

※商品により、多少誤差がございます。

 

そろそろ外壁のメンテナンスが必要だなと感じた方や今どきのデザインに

変えたいという方は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

 

この記事を書いた人

https://classe-factory.com/factory/wp-content/uploads/2020/06/nakamura01.jpg
中村 翔太 設計・インテリア担当

お客様の要望をお聞きしたうえで、自分の感性も取り入れつつ、オリジナル性のあるプラスアルファの提案を心がけています。
個人的には、和風・木造・スケルトン階段のデザインが好みで得意としているため、同じようなデザインが好きな方はもちろん、真逆のデザインが好きな方も、お互いの感性を大切にしながら創り上げていきたいと思います。 過去に現場監督もしていたため、設計だけでなく現場のことについてもお任せください!

新型コロナウイルス感染症における対応について

お電話でお問い合わせはこちら

0774-25-5111

事前予約でスムーズにご相談いただけます

無料相談会