ブログ

Blog

紙の上のプランが・・・

2020.5.19

設計部の中谷です。

以前からご紹介している新築現場ではフローリングが張られ、断熱材が充填されるなど

様々な作業が大工さんの頑張りによって進められています。

天井や壁の石膏ボードが張られてくるとより一層空間の大きさが把握しやすくなります。

図面という二次元だったものが実際にカタチになっていくのはいつ見ても嬉しい瞬間です!

じつは先日もお施主様と現場でプチ打合せをさせて頂き細かな納まりの相談をさせて頂きました。

これも目の前に実物があるからこそですよね!

大工工事の方は折り返しを過ぎて後半戦に突入しましたのでこれからどんどん出来て行くので

現場のスピードに負けないように詳細を詰めて行きたいと思います!

 

↓無垢フローリングを一枚ずつ張り進めています

↓壁の断熱材もギッシリ!と入れて止付けていきます。

↓天井や一部壁のボードも張られ、図面で見て頂いた空間の形状が現れてきます

この記事を書いた人

https://classe-factory.com/factory/wp-content/uploads/2018/10/staff-nakatani.png
中谷 友哉 設計・インテリア担当

一緒に楽しんで家づくりをしていきましょう!そんな大切な「家創り」をお客様に楽しんで頂けるよう、プラン提案を通じてご希望や思い描くライフスタイルをカタチにするお手伝いをさせて頂きたいと思います。

新型コロナウイルス感染症における対応について

お電話でお問い合わせはこちら

0774-25-5111

事前予約でスムーズにご相談いただけます

無料相談会

ページトップ