ブログ

Blog

空間演出の工夫

2020.5.9

こんにちは!

設計部の中村です。

本日は空間演出に用いられる小上がり・小下がりスペースについてお話させていただきたいと思います。

小上がりスペース・小下がりスペースは何なのかと言いますと普通の床高さよりも床を高くしたり、低くしたりしている部分の空間の事をいいます。

まずは小上がりスペースにする事によるメリット・デメリットを見ていきましょう!

◆メリット

・床の高さを上げた事による段差を利用して収納スペースを増やす事ができる。

・段差に腰かけてくつろぐ事ができる。

・立体感のある空間になり、他の空間と差別化ができる。等

◆デメリット

・段差を設けてるのでバリアフリーにならず、リフォームにも向かない。

・追加でコストがかかる

・家具の配置が難しくなる。等

続いては小下がりスペースのメリット・デメリットについて紹介致します。

◆メリット

・床の高さを下げた事による段差を利用して収納スペースを増やす事ができる。

・ソファーやテーブルを小下がりスペースに置くことにより家具による圧迫感が少なくなる。

・天井が高くなり開放的な空間になる。等

◆デメリット

・長期優良住宅の認定がされない(10㎡以下は大丈夫)

・追加でコストがかかる。

段差を設けてるのでバリアフリーにならず、リフォームにも向かない。等

小上がりや小下がりスペースは写真のような畳コーナーやリビング等で使用される事が多いです。

他にも空間演出の仕方は色々とございますので、ご興味のある方は下記よりお問い合わせくださいね!

無料で相談会を実施中です。

 

新型コロナウイルス感染症における対応について

お電話でお問い合わせはこちら

0774-25-5111

事前予約でスムーズにご相談いただけます

無料相談会

ページトップ