ブログ

Blog

Low-eガラス

2019.12.15

大橋です(^^)/

今の住宅はペアガラスは当たり前になっていますが、

省エネ住宅を考えるうえでペアガラスのガラスとガラス間にフィルムが貼られているLOW-eガラスの採用は不可欠だと思います。

Low-eガラスによって

室内に夏の熱を入るのを抑えたり 冬は熱が逃げにくくすることができ 室内環境を快適に過ごす為に大きな効果が期待できます。

また

Low-eガラスには

遮熱型と断熱型の2種類があります。

方位によって使い分けができれば良いですね。

先ず

北側は  熱が逃げにくい断熱型

南側は  遮熱型にすると冬の熱が取り入れる熱の量が少なくなるので 断熱型

外部からの夏の熱は屋根の軒や よしず を使って熱を入れない工夫をします。

西・東側は 夏の朝方や夕方時に真正面からの太陽熱が入ってくるので

遮熱型が良いと思います。

これらは基本なので

敷地状況によって変えていく必要がありますが、

窓のガラスが熱の出入りが大きい部分になるので ガラス選びは大事ですね!!

 

この記事を書いた人

https://classe-factory.com/factory/wp-content/uploads/2018/10/staff-ohashi.png
大橋 要 設計・インテリア担当

お客様との会話の中で、家に対する思い・暮らし方を聞き取り、そこに住む人の暮らしを想像しながら設計をしたいと思います。
一緒に楽しんで家づくりをしていきましょう!

新型コロナウイルス感染症における対応について

お電話でお問い合わせはこちら

0774-25-5111

事前予約でスムーズにご相談いただけます

無料相談会

ページトップ