ブログ

Blog

雨対策!

2020.5.16

こんにちは!

設計部の中村です。

宇治市の現場ですが、まもなく上棟を迎えます。

台風の接近もあり本日からしばらく雨予報がでていたので、昨日雨で濡れないようにブルーシートで養生してきました。

ブルーシート悲惨養生の役割は材料を雨から守るだけでなく、基礎内部に雨がたまってしまう事を防ぐ役割をしてくれます。

基礎には水抜き用の穴もありますが、水がたまったまま上棟をしてしまうと日が全く当たらなくなり基礎内部が湿ったままになってしまいます。

また水がたまったままにしておくと基礎の劣化を早めてしまう原因になります。

足場の棒にくくりつけてあるシートはメッシュシートと言い、落下防止や工事中にでる木くずやほこり等を近隣に飛散するのを防止する役割があり、

上棟時に張られます。

また、手前側だけ足場の高さを低くしているのは、上棟の時に使用するレッカー車のアーム部分を倒す時に奥の部分までアームが届くようにする為です。

上棟後には周りの足場と同じ高さまで高くして、屋根工事や外壁工事へと進んでいきます。

雨続きの予報が続いているので、上棟日が待ち遠しいですね!

お問い合わせ

 

 

新型コロナウイルス感染症における対応について

お電話でお問い合わせはこちら

0774-25-5111

事前予約でスムーズにご相談いただけます

無料相談会

ページトップ