ブログ

Blog

経年変化を楽しむファブリック🦋

2020.7.14

こんにちは!

毎日雨で洗濯物が乾かず、気分も滅入る今日この頃の鳥海です・・・

 

先日、アパレルのミナペルホネンのデザイナー皆川明さんの展覧会に行ってきました。

ミナのファブリックといえば、アパレルだけでなく多数の名作家具と張地でコラボレーションしているのですが、

今日は 弊社で取扱いさせて頂いている

マルニの HIROSHIMA x mina perhonen のコラボレーションチェアのご紹介です。

(カタログ販売となります)

深澤直人さんデザインの HIROSHIMA はシンプルで飽きのこない精緻な構造で、マルニで人気の定番アイテムです。

北欧の名作椅子ではサイズ感が少し大きくて・・・という方にも

日本人の体形にもしっくり馴染むのでお勧めです。

 

さて。

ミナの張地は、使い込むことによる摩耗で表面の糸が擦り切れ、裏面の色が現れるようにデザインされています!

使いこむと現れる色を楽しみに永年ご愛用頂けます!

 

HIROSHIMA アームチェア(張座)

¥129,000(税別)~(木部の材質、張地による)

 

この展覧会のテーマは「つづく」で、この張地にも表れているように、お洋服や家具をずっと永く愛用し、

修理を重ねながら次の世代へとバトンタッチしていく、というコンセプトです。

このHIROSHIMAシリーズも気軽にご購入いただけるお値段ではございませんが、

永く、お子様やお孫さんの世代までご愛用頂ける、そんな家具選びのお手伝いもさせて頂きます。

家具も各メーカー取扱いございます。

 

 

是非一度ご来店下さいませ。

 

この記事を書いた人

https://classe-factory.com/factory/wp-content/uploads/2019/09/toriumi.jpg
鳥海 友紀子 コーディネーター

インテリアに繋がる様々な分野を日々勉強し、それを楽しみ、その経験をコーディネートのアドバイスに活かせるようにしたいです。

新型コロナウイルス感染症における対応について

お電話でお問い合わせはこちら

0774-25-5111

事前予約でスムーズにご相談いただけます

無料相談会

ページトップ