BLOG

建具の高さ

設計部の中谷です。

平面的な空間と空間をつなぐものに「扉」や「開口」がありますが壁を切り取る

ように設置されるこの扉一つで印象がガラリと変わります。

昔のお家は扉の高さがおおよそ1800㎜前後が一般的でした。

今は2m弱が一般的です。天井高さは2.4mが一般的ではないでしょうか。

となると約40cmの垂れ壁が出来る事になります。この垂れ壁があると無いとで

空間の繋がり方の感じ方が変わります。垂れ壁がないということは扉を開けておくと

天井と床がひとつながりになるのでスッキリと壁が切り取られて視覚的に邪魔なものが

なくなります。

となると解放感や一体感を感じる、感じて頂きたいと考えたプランには

もってこいです!場所によって扉は開け放った時の見え方も空間を印象付ける大切な

要素になるので各メーカーから出ているハイドアなども一度見てみてはいかがでしょうか!?

 

この記事を書いた人

https://classe-factory.com/wp-content/uploads/2018/10/staff-nakatani.png
中谷 友哉 設計・インテリア担当

一緒に楽しんで家づくりをしていきましょう!そんな大切な「家創り」をお客様に楽しんで頂けるよう、プラン提案を通じてご希望や思い描くライフスタイルをカタチにするお手伝いをさせて頂きたいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る