リフォーム・リノベーション

Renovation / renovation

よくあるご質問

Faq

Q2

リフォーム・リノベーションのメリット・デメリットはありますか?

A

リノベーションのメリットは自由に設計できるということです。
本来は住む人の生活に合わせて住宅を変えていくことが理想なのですが、これまでは住む人が住宅に生活を合わせるスタイルになっていました。
ただ近年はリノベーションすることで、建売の住宅や中古の住宅を住む人の生活スタイルに合わせて変化させるという考え方が広まってきています。
間取りを変えて広いリビングを作ったり、システムキッチンを設置したりなど内装に強いこだわりなどがある人はリノベーションがおすすめです。
また最初からリノベーションを前提として考えれば、中古の物件なども選択肢に入れることができます。
現在は中古物件がどんどん増えてきているので、物件によっては築年数の浅いものもあります。
新築物件より価格は安いので、その予算をリノベーションに当てることもできるのです。
つまりリノベーションによって、物件を探す時に間取りや内装・設備機器の条件などを気にする必要が無くなるのです。
しかも新築の住宅を建てる費用より中古の住宅を購入してリノベーションしたほうが、20〜30%ほど費用を安く抑えることができるのです。
ただ中古の住宅を購入する場合には築年数に注意しなければいけません。
特に1981年6月には耐震基準の大幅な法改正が行われたため、それ以前の建物ですと現在の基準を満たしていない可能性があります。
その場合は現在の耐震基準を満たすための改修が必要となり、逆にかなりの費用がかかってしまうことがあります。
そうすると費用を抑えるというメリットが無くなってしまうので逆効果です。
ただ法改正前の建物でも改修を見越して新しい基準で設計されていたり、そもそもの基準よりも高いレベルで設計させている場合もあるので、まず不安な場合は詳細の調査と診断を行うことをおすすめします。
基本的には中古物件を購入した場合には購入後すぐに引き渡しが行われますが、リノベーションの場合には引き渡しまでの間に建物検査・設計・施工などの作業が加わります。
また強いこだわりなどがある場合は設計士との打ち合わせにも十分な時間が必要で多くの時間がか合ってしまう場合があります。
さらに中古物件を購入してリノベーションをする場合にローンを利用しようとすると、リノベーションの費用には一般の住宅ローンが利用できないため別途リフォームローンを利用する必要があります。
リフォームローンは金利が一般の住宅ローンよりも高い傾向があるので、ローンの金利が高くなってしまいます。また購入後に工事が始まるため、工事期間中も家賃などの二重払いが発生する可能性もあります。
なおリノベーション済の物件であれば住宅ローンも利用できるので、選択肢の一つとして検討してみてもいいかもしれません。

新型コロナウイルス感染症における対応について

お電話でお問い合わせはこちら

0774-25-5111

事前予約でスムーズにご相談いただけます

無料相談会

ページトップ